サイトマップ

カードローン申し込み

人間は生活していれば、お金が必要になってしまうことは必ずあります。その時にどうやって切り抜けるかの違いがあるだけで、すべての人が順風満帆な生活をしているわけではないのです。この時の一つの解決手段として、カードローンがあります。銀行系や消費者金融から一時的にお金を借り、返済していく方法になるわけですが、この二つでは大きな違いが存在します。

社会的なイメージの違いが最も大きな点であるといえますが、法律にも違いがあるのです。消費者金融からお金を借りようと思った場合、現在では年収の1/3までという規制がかかります。これを総量規制といい、多重債務を抑制するために作られた法律です。そのため、収入がない人では50万円までしか借入することができませんし、審査で引っかかってしまう可能性も高くなります。しかし、銀行系ではこれがありません。それは、銀行法という法律で縛られているため、総量規制が適用されないのです。ですから、主婦などでも借り入れをすることは可能になってきます。主婦であっても、世帯収入ということで考えることで、総量規制内でも借り入れすることができますが、主たる収入がある人の証明が必要になるので、簡単には借り入れできないのです。

現実問題として、どちらから借り入れを起こすとしても審査があります。返済能力などを鑑み、貸し付けても返済できるかどうかを審査し、その結果で決まるわけですが、消費者金融はかなり甘めです。それに比べ、銀行は驚くほど厳しく、簡単に審査が通ることはないのです。 返済に関しても金利に違いが生まれます。銀行系のほうが総じて金利が低いために、できれば銀行系を選択していきたいところです。

●関連サイト
金融各社が提供しているカードローンサービスを比較出来るサイトです → カードローン 比較